検索フォーム

人気ブログランキング

にほんブログ村

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

電力使用状況&電気予報

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

MicroAd

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/03/19 (Mon) ガレキのヤマはタカラのヤマ?の参(三)

れきの処理費用に関して

阪神淡路大震災のときは1トンあたり2万2,000円

今回の東日本大震災では

岩手のがれきは1トンあたり6万3,000円
宮城のがれきは1トンあたり5万円

広域処理分を単純計算すると

阪神淡路大震災の場合は

1,958万トンのうちの14.4%だから281.952万トン
281.952トン×2万2,000円=62,029,440,000
約620億円といったところ

東日本大震災の場合

広域処理を希望する岩手のがれきは57.0万トンだから
57.0万トン×6万3,000円=35,910,000,000
約359億円

広域処理を希望する宮城のがれきは344.0万トンだから
344.0万トン×5万円=172,000,000,000
え?約1720億円??

合計してみると2079.1億円となります

阪神淡路大震災と比べて広域処理分のがれきの量は
(57.0万トン+344.0万トン)÷281.952万トン=約1.4222279
おおよそ1.42倍なのに処理費用は3倍以上に膨らんでいます
これがいわゆる錬金術ってやつなんでしょうか…

ガレキのヤマはタカラのヤマ?の肆(四)へつづきます


花粉の季節、今年もこれを愛用してちゃーんと効いています
体質にもよるでしょうが困っているひとは
ぜひお試しあれ

座学的観点 | trackback(0) | comment(0) |


2012/03/19 (Mon) ガレキのヤマはタカラのヤマ?の弐(二)

神淡路大震災で発生したがれきは1,958万トン
そのうちの多くは兵庫県内で処理されて
県外での処理は14.4%(281.952万トン)

対して東日本大震災で発生した東北3県のがれき推計量は
2252.8万トン(岩手県475.5万トン、宮城県1569.1万トン、福島県208.2万トン

割り算をすると約1.15倍といったところです

さて
阪神淡路大震災の1,958万トンは主に県内で
3年あまりの期間に処理されたとのこと

では、東日本大震災の2252.8万トンは?

やはりこちらも3年での処理を目標に
うち82.2%を現地処理して17.8%を他の広域処理したいとのこと

具体的には岩手県が57.0万トン 宮城県が344.0万トン
計401万トンの広域処理を希望しています
一番の難題である福島のがれきは現状で広域処理を希望していません
これは意外と知られていない盲点ですね

ここでちょっとオトナな話
このがれきの処理費用は一体いくらなんでしょう?

阪神淡路大震災のときは1トンあたり2万2,000円

今回の東日本大震災では

岩手のがれきは1トンあたり6万3,000円
宮城のがれきは1トンあたり5万円

か〜なり単価が違うんですね
なんでなんでしょ?

ガレキのヤマはタカラのヤマ?の参(三)へつづきます


花粉の季節、コチラはもはやけっこう定番?
以前に愛用していましたが、もちろん効果ありでした
今年は売り切れ店も出ている様子…

座学的観点 | trackback(0) | comment(0) |


2012/03/19 (Mon) ガレキのヤマはタカラのヤマ?の壱(一)

岡の島田市を皮切りに
各地での震災がれき受け入れ表明が
ひんぱんにニュースで流されています

でもね どうなんでしょう
岩手のものだから放射性物質は多くない、とかいいますが
震災がれきには
アスベスト、ヒ素、六価クロム、PCBなどの特別管理産業廃棄物
化学物質、重金属
が含まれている、なんて話もあります

それらを含んだがれきを近所の焼却炉で燃やされてもちょっと困りものです

そもそも論として
がれきって現地では本当に処理できないんでしょうか
調べたところ
阪神淡路大震災で発生したがれきは1,958万トンとの記述が
自民党では珍しく原発に言及する議員さんのページにありました

1,958万トンのうちの多くは兵庫県内で処理されて
県外での処理は14.4%(281.952万トン)
うち約4万トンは横浜市、川崎市、埼玉県東部清掃組合で
焼却してもらったということです

対して東日本大震災で発生した東北3県のがれき推計量は2252.8万トン
(岩手475.5万トン、宮城1569.1万トン、福島208.2万トン)とのこと

ソースに誤りがある可能性があるかも知れませんが
単純に割り算をすると1.1505618となります
つまり約1.15倍といったところ

しかし「東日本 阪神淡路 がれき 量」で検索すると
1.6倍だの1.4倍だのといった数字が一人歩きしています

そして一般的には
阪神淡路大震災:約2,000万トン
東日本大震災:約2,300万トン
という数値が提示されています(これでも1.15倍なんだけど…)

うーむ
とにかくたくさんあるから大変だ
みんなで手分けしなきゃいけないんだ、と
どうしてもミスリードを誘いたい人たちがいるような気がしてなりません…

ガレキのヤマはタカラのヤマ?の弐(二)へつづきます


ツラ〜い花粉の季節、水なしで服用可能なこのあたりのものでけっこう効く場合も
これはコストパフォーマンス的におすすめ。効けばめっけもんです
ちなみに今年も愛用中です

座学的観点 | trackback(0) | comment(1) |


2012/03/02 (Fri) 自然放射線と人工放射線の嘘っぱち

宙や自然界からも放射線を浴びているんだからだいじょうぶ!
なーんてすり替え論がしばしば語られていますが実のところどーなんでしょ?

現埼玉大教授・市川定夫氏の著作・講演にヒントがありました

いわく自然放射性核種は生物が誕生する前からあったそうで
代表的なものにはカリウム40、ラドンといったものがあるのですが
どちらも進化の過程で生物は濃縮・蓄積しないようになっているんですね

原発事故以来、すっかりおなじみさんになってしまった(嬉しくなーい
ヨウ素、ストロンチウム、セシウムというものは
自然界にも存在しているようなんですが、どれも放射性ではないとのこと
だから例えば、天然のヨウ素に関しては哺乳生物は甲状腺に集めて
成長ホルモンをつくるのに利用しているほど

原発のアレと違って
天然のヨウ素は100%非放射性だから問題はないんですね

対して
原子力によって作り出されるヨウ素131は放射性です
半減期が8日なので取り入れてから8日経ってもまだ半分放射能は残ったまま
甲状腺にアタックを続けて甲状腺がんを引き起こす要因となります

甲状腺がんの手術跡はその傷から
チェルノブイリネックレスとしても知られています



そして
原子力によって作り出されるストロンチウム90も放射性です
カルシウムに性質が似ているため骨にたまりやすく
半減期が28年なので取り入れてから28年経っても
まだ半分放射能は残ったままで骨髄などにアタックを続けて
白血病骨髄のガンを引き起こす要因となります

原子力によって作り出されるセシウムもやはり放射性です
カリウムに性質が似ているためどんどん入ってきて出ていくのですが
カリウムに比べて出ていくスピードがやや遅いため
じわじわ溜まっていってしまいます

生物が長い間かけて共存でできるようにしてきた自然放射性核種と違って
人工放射性核種は濃縮・蓄積して人体に影響を及ぼすわけです

つまり、自然放射線と人工放射線は似て非なるもの

自然界からも出てるんだからだいじょうぶ、という話は
トンデモ論でしかないんですね
彼らは「自然放射線と人工放射線」として語りかけてきます
そりゃ線量だけ見たら似たようなものかもしれませんが
蓄積する、非放射性vs放射性という重要な点をスルーしているのは
欺瞞(ぎまん)以外の何者でもないですね

件の市川定夫氏の講演について
「みんな楽しくHappy♡がいい♪」さんに書き起こしがありました
リンクさせていただきまーす

市川定夫氏の著作、ぜひ目を通したい文献です

座学的観点 | trackback(0) | comment(0) |


2012/02/29 (Wed) ベクレルさんとシーベルトくんの並々ならぬカンケイ

年の爆発的事象以来(てゆーか爆発ですよね
ニュースなどでベクレルとかシーベルトとか耳にするようになりました
フクイチ関連だと2月27日に放射性セシウムの量が
毎時1000万ベクレルに減って1月の7分の1に下がったと報道していました

これは毎時というのと放射性セシウムの量といった点がミソですね
要するに1時間に放射性セシウムが1000万ベクレル出ているよ、という情報で

他の放射性物質についてはスルー
進んで公表している放射性セシウムに関しては
1日24時間で2億4000万ベクレル出ているというハナシ

それを1月の値と比較して、ほーら下がったでしょ、と言っているわけです

まあ何にしても放射性物質の放出量は上がるより下がった方がいいわけですが
現在、1時間に放出されている1000万ベクレルって
一体どのくらいの値なんでしょ

ベクレルさんとは

ベクレルは物質が放射線を出す能力を表わす単位=Bq
1秒間に1個の核分裂(こわっ)が起きて放射線を発すると1ベクレル
1秒間に100個の核分裂(ぞわっ)が起きて放射線を発すると100ベクレル
1秒間に1000個の核分裂(うわっ)が起きて放射線を発すると1000ベクレル
ということですね

つまり、2月27日の放射性セシウムのニュースは
1時間に 1,000,000個
1秒間だと2777.77778個の核分裂(うげっ)が起きて
放射線を発しているということ

その前の月、今年の1月には
1時間に 7,000,000個
1秒間だと19444.4444個の核分裂(はうっ)が起きて
放射線を発していたということなんですね

…ったく、わかりゃしないだろうって
恐ロシアなこと平気で発表してるんだからー

内部被曝(ヒロシマ・ナガサキの被爆とは字が違うんですね)の場合
1秒間に1回 放射線が細胞を傷つける量が1ベクレル
1秒間に100回 放射線が細胞を傷つける量が100ベクレル
1秒間に1000回 放射線が細胞を傷つける量が1000ベクレル
となりますね

シーベルトくんとは

シーベルトは放射線がヒトに当たったときに
どんな影響があるのかを評価するための単位=Sv

放射性物質にはたくさんの種類があって
ヒトが放射線を浴びた場合は浴びた種類によって受ける影響が違ってきます
そのために用いられている単位がシーベルトなんですね

物質が放射線を出す能力=ベクレルを
ヒトに対する放射線の影響値=シーベルトに換算する際は
放射性物質ごと、年齢による変換係数があり、それを利用するようです

ベクレルをシーベルトに直す実効線量係数(ヨウ素131の例)はコチラ
ベクレルをシーベルトに直す実効線量係数(セシウム137の例)はコチラ

しかし、実態として換算基準はいくつもあって(統一しろよなぁ
こんなところにも放射性物質というものが
人間のコントロール下に置けていないことがよ~くわかります


もしベク、っていうのも出てるんですねー、ふーん

座学的観点 | trackback(0) | comment(0) |


<< back | TOP | next >>

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

radeoactive

Author:radeoactive
RADEX RD1503を片手に
ぼそぼそと数値を計測しつつ
放射性物質について考える
トナイトカ在住者

visit

楽天

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
26897位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5170位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。