検索フォーム

人気ブログランキング

にほんブログ村

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

電力使用状況&電気予報

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

MicroAd

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/04/01 (Sun) 米?大豆?そして牛肉も?ほーしゃせん新基準値の穴

品中の放射性セシウムの新たな基準値
(クリックで厚生労働省の詳細資料にとびます↑)
本日、4月1日より適用となります

許容線量は昨年3月17日に
厚生労働省によって通知された暫定規制値の5分の1
年間5ミリシーベルト→1ミリシーベルトとなり
各食品ごとに数値が算出されています

配慮が必要とされる

飲料水は200ベクレル/kg→10ベクレル/kg
牛乳は 200ベクレル/kg→50ベクレル/kg

新設された乳児用食品は50ベクレル/kg

上記以外の一般食品は200~500ベクレル/kg→100ベクレル/kg

となっています。

規制対象核種としては
セシウム134(半減期2.1年)
セシウム137(半減期30年)
ストロンチウム90(半減期29年)
プルトニウム(半減期14年~)
ルテニウム106(374日)

とされ、半減期が短い放射性ヨウ素や
各地での存在レベルの変化がないとされる
ウランは設定されていません

注意しておきたいのが
適用までの準備期間が設定されている食品

米は9月30日まで
牛肉は9月30日まで
大豆は12月31日まで


現状の暫定規制値のままです

米と大豆は一年一作、牛肉も冷凍ものがあります
これらは500ベクレル/kgが適用されるので注意が必要ですね

ところでフクニでは昨年12月26日に解除されていますが
フクイチの原子力緊急事態宣言解除はいつになるんでしょうか…

スポンサーサイト

座学的観点 | trackback(0) | comment(0) |


2012/03/23 (Fri) クウェートとモーリシャスは47?ニューカレドニアとサウジアラビアは12?中国は10?

ウェートとモーリシャスは47都道府県すべて

ニューカレドニアとサウジアラビアは
福島・群馬・栃木・茨城・宮城・山形・
新潟・長野・山梨・埼玉・東京・千葉の12都県

中国は
福島・群馬・栃木・茨城・宮城・
新潟・長野・埼玉・東京・千葉の10都県

ブルネイは
福島・群馬・栃木・茨城・埼玉・東京・千葉・神奈川の8都県

レバノンは
福島・群馬・栃木・茨城・千葉・神奈川の6県

それぞれの都道府県産の食品を輸入停止にしている事実があります

正直、そんな馬鹿な!?と目を疑いましたが
これは平成24年3月22日現在の農林水産省の資料を元にしたデータです

世界は自国民を守るため、冷静に今回のクライシスを見つめています
巷で繰り広げられている食べて応援キャンペーンって…
ホントに一体なんなんでしょう…

座学的観点 | trackback(0) | comment(0) |


2012/03/22 (Thu) エラからカリウムとセシウムのコンドーです

んでも
モザンビークティラピアという魚のエラの「塩類細胞」から
カリウムが出ていることを東大の教授が確かめたそうです

で、カリウムの性質はセシウムに似てるから
同じとこから排出されるんじゃないかと考えられることに着目したそう
でも、それって要するに

とある一種類の魚に関してのみ
エラからセシウムが排出される可能性があることを
私たちは考えてみました(えっへん)


ってだけのことですよね?

このニュースの日付は今年の3月21日、昨日の夜半の発信です
そういえば…水産庁も去年の3月29日にエラからセシウム説を唱えていたはず
なんで今になってまたニュースになっているんでしょ?
インプリンティング的な一周年記念行事なんでしょうか…

でもね、自然放射線のカリウム人工放射線のセシウム
似て非なるものなんじゃないんでしょうか?

自然放射線と人工放射線の違いはこちら

これだけ大量の放射性物質が
海に流出したのは人類史上初めてのことです
今こそ英知を結集して対応策を練らねばならないときなのに
既得権益を守るための安全神話ばかりが繰り返されます

いずれにせよこの国がこれからどうなっていくのか
世界中がナマ暖か〜く見守っているのは事実でしょうね

お口直しに…これはヒロシマのおはなしです
どこにもぶつけられない悲しみは、それでもやがて未来へとつながっていきます

座学的観点 | trackback(0) | comment(0) |


2012/03/20 (Tue) なんと震災がれきの99%がががっ!?

してそして…

がれきがあるから復興が進まないとか盛んにニュースは伝えているけれど
復興庁(こんなんまであるのに復興しないのはなぜ?)の資料によると
平成24年1月24日、今年の一月末の段階で

岩手では震災がれき475.5万トンのうち
99%が居住地近傍(へんな言葉ですね)より撤去済み
内訳をみると山田町が99%である以外は100%の撤去率
仮置き場へも85%が搬出されている状況

宮城でも震災がれき1569.1万トンのうち
99%が居住地近傍(数学用語なんですね)より撤去済み
内訳をみると七ヶ浜町が92%である以外は100%の撤去率
仮置き場へも67%が搬出されている状況

復興庁の資料はこちら

そういえばニュースなどで山田町、七ヶ浜町って聞いたことありますね…
確かにそのエリアをピックアップすれば
がれきの山=復興の妨げという絵は撮れますね〜

でも、99%が居住地近傍(へんな言葉)から撤去されてるんだったら
どう考えてもそんなに邪魔ってことじゃないですよね…

だったら被災地に処理施設を作ってあげて
何年もかけて地道にがれきを処理してもらって
復興の名のもとに地元にお金を落としてあげた方がいい

そっちの方ががれきの全国散布なんかより
ず〜っとマトモな税金の遣い道なんじゃないでしょうか…

ガレキのヤマはタカラのヤマ?の壱(一)へ


放射性物質の減少がささやかれ始めた今だからこそ草の根での計測が必要なのでは、と感じます
このへん、一年前に比べるとす〜っごく安くなってますし、ね

座学的観点 | trackback(0) | comment(0) |


2012/03/19 (Mon) ガレキのヤマはタカラのヤマ?の肆(四)

域処理分を単純計算すると

阪神淡路大震災の場合は

1,958万トンのうちの14.4%だから281.952万トン分
約620億円といったところ

東日本大震災の場合

広域処理を希望する岩手のがれきは57.0万トンだから
約359億円

広域処理を希望する宮城のがれきは344.0万トンだから
約1720億円

合計すると2079.1億円

阪神淡路大震災と比べて広域処理分のがれきの量は
約1.42倍なのに処理費用は3倍以上

プラス輸送費やら後処理の費用やらがかかることが想定されます

ちなみにがれきの拡散を推進したのは
環境省と日本創生委員会(JAPIC)というところで
昨年、2012年4月にはもう広域処理を提言していたという早業
そしてその会長は東電の次期トップになるという噂も

そして東京都でのがれきの焼却処理は
東京電力が株式の95.5%を所有するグループ企業
「東京臨海リサイクルパワー」が単独で請け負っているとのこと
このあたり、どうにもうろんな感じですね

がれき処理の費用と推進団体、請負企業を知ってみると
うさんくさい感じがするのは気のせいなんでしょうか…

阪神淡路大震災と東日本大震災
がれきの全体量は計算したところ約1.15倍です
広域処理を希望するがれきの量は約1.42倍です

立地条件が違う、埋め立て地の計画があったから…と
条件の違いを指摘する向きもありますが
わざわざ遠方まで輸送費をかけてまで
運んで処理する必要は本当にあるんでしょうか?

ガレキのヤマはタカラのヤマ?の壱(一)へ戻ります


以前に愛用していたコレ、友人にも試しに渡したところ
効かないひともやっぱりいましたが
効くひとにはしっかり効いていました

座学的観点 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

radeoactive

Author:radeoactive
RADEX RD1503を片手に
ぼそぼそと数値を計測しつつ
放射性物質について考える
トナイトカ在住者

visit

楽天

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
29860位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6110位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。